曽子曰わく、吾日に吾が身を三省す。

人の爲に謀りて忠ならざるか、朋友と交りて信ならざるか、習わざるかを傳うるか。

 

學而第一  

 
これは論語の中のある句です。

昨年から少しずつですが論語を学んでいます。
その中で印象に残った一句です。


「私は毎日、自分をたびたびかえりみて、よくないことははぶいておる。人の為を思うて、真心からやったかどうか。友達と交ってうそいつわりはなかったか。まだ習得しないことを人に教えるようなことはなかったか」


人間として非常に重要な「忠」「信」という行ないに、自分の行動がどういうふうに行われているかということを日に何遍も反省し、いいほうはいいけれども悪いほうもわかってくる。それで至らざるがゆえに、さらに努力をしなければならない。このように奮起することである。「三省奮起」


私はこのお話をお聴きして自社の経営理念のことを思いました。

自社の経営理念である

・私達は最良のビジネスパートナーとして中小企業を成功に導きます。

・私達は仕事を通してより楽しくし幸せな人生を実現します。

にも「忠」「信」があります。


企業の使命は永続であり、そのためには成長発展していくことが大切であり、またその志を持ち仕事をすることが大事です。











今年も一年どうぞよろしくお願いします。