MGS税理士法人 松本一郎blog

2015年07月

今年に入ってから相続関連でセミナーや話をさせていただく機会が増えています。

相続税の改正で基礎控除が大幅に減額され、相続税を納める人や申告しなければいけない人が相当増えることが予想される中で、関心が高まってきていることもあると思います。

特に税金のこと意外に争族についても話をさせていただきます。

争族とは名前のごとく財産のことでもめるという意味です。

特に相続税がかからなくても争族をおきるので、ある意味身近な話です。

たとえば

①遺産のうち不動産が大半でお金がない(バランスが悪い)。
②子供のいないご夫婦
③離婚経験があり前妻の子がいる
④相続人が兄弟姉妹のみ
⑤財産を多く遺したくい子がいる
⑥生前に贈与した子がいる
⑦事業承継が心配
など

これらにはまる方は事前に専門家に相談されることをおすすめします。

当然、税金のことも必要です。今後相続税も身近なものになっていきます。









    mixiチェック

MGS_0622弊社は今年8月22日に初めて専門学校の就職説明会に参加します。

大原簿記専門学校大阪校で開催されますが、この説明会は昔から毎年開催されていたと思います。

というのは私も昭和63年8月の説明会に参加させていただいたからです。

あの当時の私の心境は

そもそも会計事務所はどんな仕事をするのか全く分からない

ほんまに税理士の資格とれるのかな

俺みたいな男を雇ってくれるのか

などどちらかというと不安ばかりだったと思います。

おかげさまで、そこで面談させていただいた事務所に独立までお世話になったので
今考えると運が良かったのかもしれません。

弊社の社員にも大原卒が多数います。

あの頃の自分を思い出しながら8月の面談に参加させていただこうと思います。

















    mixiチェック

このページのトップヘ