昨年あたりから相続に関連する業務が増加傾向にあります。

弊社が相続業務に力を入れ始めたこともありますが高齢化社会、相続税増税などが原因にあると思います。

相続といえば、我々ができる業務として相続税申告業務がありますが
相続は生前中の様々な工夫により節税ができたり、また相続争いを防ぐための対策なども可能です。

生前中に相談される内容として

・相続税の試算(税金がいくらかかるのか)
・相続税を下げる方法はないか
・遺言をすべきか(相続人間の争いを防ぐ)
・成年後見人の問題
・生前贈与をすべきかどうか
・納税対策(現金以外の納税方法)
・不動産の有効活用

など様々です。
また、生前中に専門家に相談されて、毎年こまめに対策を打たれている方も多くおられます。

特に2015年に基礎控除額(基本的にこの金額を超える財産のある方は申告が必要)が
現行の  5000万円+1000万円×法定相続人の数
から    3000万円+600万円×法定相続人の数
                                 と大幅に下がることが予定されています。

これにより相続税の申告が必要になる方が増加することと、もともと相続税がかかる方は増税になります。

相続税のことは関係ないと思っておられた方も含め、早い段階での専門家などへの相談をおすすめします。